イメージ画像

看護師の転職にはなにが必要?

転職をしようと思った看護師の方はいくつか必要なものがあるのでチェックしておいてください。 まず、絶対に必要になるのが応募書類ですね。 履歴書と職務経歴書を用意するのが一般的です。

面接官はあなたの人柄や体験してきたことについて全く知らないわけなので、それをアピールするために重要な書類となります。 書類の書き方一つで面接の結果が変わってしまう可能性もあるため、慎重に作成しましょう。

まず履歴書についてですが、これは書店やスーパー、コンビニなどで購入できる一般的なもので問題ありません。 インターネットを使えば履歴書をダウンロードできるサイトもあるので、そちらを利用しても良い転職支援サイトの中にも履歴書がダウンロードできるところが多いです。

履歴書は自分が看護師という職業やその色かにどのような理想を持っているのか、どのような目的で転職をしようと思っているのかを伝えるために大切なものだといえます。

続いて職務経歴書についてですが、こちらは場合によっては必要ないケースもあるようです。 履歴書と同じく丁寧に書き、自分のことをしっかりアピールしておきましょう。

看護師として働くのであれば必ず看護師免許の原本またはコピーが必要です。 すっかり更新を忘れていたというようなことがないようにしましょう。

これらの書類は申し込みをする際に必要になるものです。 しかし、転職を活動をするとなれば他にも必要なものがあるのです。

とても重要になってくるのが貯蓄や預金だといえるでしょう。 自分に合う職場を慎重に探すということになればどうしても時間がかかります。

前の職場をやめた上で転職活動する方の場合、新しく仕事が決まって初めての給料が振り込まれるまでの間は自分の預金でやりくりする必要がありますよね。

余裕がないと焦って職場を決めてしまうこともあるかもしれないので、転職の予定があるのであればできるだけ貯蓄をしておきましょう。

それから、無職になると厚生年金から離れ、国民年金保険料を支払わなければならないため、その費用についても用意しておいたほうが安心です。

このページの先頭へ