イメージ画像

看護師の転職理由と動機について

転職をするために面接を受けなければなりません。 そこで、重要になってくるのが志望動機です。

志望動機を考える際に大切なのが今の職場を退職する理由に関することだといえるでしょう。 キャリアアップのために他の職場に移ろうという方もいれば、今の職場に問題があって退職を考えている方も多いはず。

ただ、人間関係などに問題があって職場を退職した方の場合、それをそのまま転職理由や志望動機にするとあまり印象がよくありません。 実際に看護師という職業は転職が多いとしても知られていますが、その大きな理由は人間関係のトラブルにあるようです。

それから看護師は非常に責任の重い仕事でもあるため、ストレスもたまりやすく、働く時間帯も不規則であることから体調を崩してしまう方もいます。 夜勤も日勤も行うような形になるとどうしても生活リズムが狂いやすくなってしまいますよね。

病院の看護師として働く限り、こういったトラブルはどのような職場にいたとしてもついて回る問題だといえます。

ですが、職場を変えるだけで解決する問題もあるでしょう。 例えば、今の職場はあまりにもサービス残業が多い、人が足りなさすぎて労働環境が過酷、どうしても合わない人がいるといった問題は転職するだけで解決できるかもしれません。

今の職場に限界を感じているのであれば転職するというのも一つの選択肢ですね。

転職の面接で前の職場を辞めた理由が人間関係のトラブルにあると伝えてしまうと好印象を与えることはできません。 そうではなく、前向きな志望動機を考えておきましょう。

キャリアアップのための転職であると伝えることができれば印象を良くすることができます。

転職を検討しているのであれば、できるだけ慎重に転職の準備をしましょう。 自分1人だけで求人情報を集めるのはなかなか簡単な事ではありません。

集められる求人情報の数も少ないため、転職支援サイトを利用しながら効率よく転職を済ませたいですね。

転職支援サイトであれば志望動機の考え方や履歴書の書き方も相談に乗ってもらうことができます。

このページの先頭へ