イメージ画像

看護師におすすめの単発バイトとは?

看護師資格を持った方は様々な働き方が選択できます。 ただ、せっかく看護師資格を取ったものの何らかの事情があって正社員として働くのが難しい方もいますよね。

例えば、小さな子どもがいたり親の介護があるという場合にはフルタイムで働くのが難しくなってしまうかもしれません。 そういった場合はパートやバイトといった働き方も検討してみてはどうでしょうか。

看護師は全国的に不足している傾向にあるため、パートやバイトでもいいので働いて欲しいと考えている医療機関をたくさんあります。 1人でも多くの看護師を確保するために週1日や週2日といった形で求人を出すところも珍しくないようです。

また、正社員として働けない看護師からは単発のバイトも人気があります。 それから、ダブルワークとして単発のバイトを選択している方も多いです。
保育園看護師になるには?必要な資格やスキルはある?

単発の求人情報を出している職場は様々ですが、それほど細かいこだわりがないのであればいろいろな職場の求人情報をまとめてチェックすると良いでしょう。

それから、働く時間帯についてですが、日勤だけでなく夜勤も選択できる方は日勤よりも高収入が期待できます。 職場によっては夜勤の日給が30,000円以上というものもあるため、短時間でも効率よく稼ぐことができるでしょう。

看護師の単発バイトとしては夜勤専従看護師のほか、訪問入浴や有料老人ホーム、健診、健診といったものが多いです。

また、単発バイトとは違いますがクリニックでは午前のみ、または午後のみといった働き方も選択できる場合があります。 こういった求人情報を探すためには様々な人材紹介会社や転職支援サイトに登録するのがおすすめです。

クリニックは基本的に大型休暇などが休みとなっているため、短時間だけ働き休みもしっかり取りたいという方からも人気があります。

それに単発のバイトはブランクから復帰する際に勘を取り戻すためにも最適です。 ブランクの期間が長くなってしまうと職場に復帰するのをためらってしまうかもしれませんが、単発のバイトで少しずつ勘を取り戻しながら職場復帰を目指すと良いでしょう。

看護師の健診バイト求人について

看護師の資格を持っていると健康診断などのアルバイトもできます。 健診が集中して行われる時期もあるため、そのような時期にはたくさんの募集もかけられるのでチェックしてみると良いでしょう。

ただ、時期はずれの時はなかなか求人が見つからないため、1年を通して常に仕事があるとは言えません。 そのため、健診のアルバイトだけで生計を立てていくのは難しいでしょう。

特に需要が多いのは春と秋です。 これくらいの時期には健診のバイト求人情報がたくさん出るため、気になっている方はこの時期にチェックしてみるのがおすすめです。

夜勤もないため、どうしても夜も働けないという事情がある方からも選ばれています。 それから、健診のバイトは基本的にどの健診でもやらなければならないことがほとんど同じです。

バイト先によって違うことを毎回覚えなければならないような仕事もありますが、そういった仕事に比べると健診の仕事はやりやすいといえるでしょう。

求められる技術としては採血が挙げられます。 ただ、すべての職場で採血が必要というわけではないため、苦手な方は採血なしの仕事を探してみると良いですね。

また、平日は他の仕事をして土日の健診のみをアルバイトで担当するという働き方もあります。 健診のバイト探したいと思っているのであれば、アルバイトの求人に強い人材紹介会社に登録しましょう。

登録するサイトによって求人情報の多い地域が違ってくるので自分の住んでいる地域のアルバイト情報をたくさん取り扱っているところを探すのがおすすめです。

こういったサイトでは登録した人しか見ることができない非公開求人というものも取り扱っています。 非公開求人は一般的な求人情報に比べて条件が良いものが多いためできるだけ好条件で働きたいと思っているのであれば非公開求人からチェックするといいですね。

複数の人材紹介会社に登録しておいた方が条件の良い求人を見つけやすくなるので、一つだけでなくいくつかの人材紹介会社に登録しましょう。

看護師のイベントバイト求人について

看護師資格を活かしたアルバイトをしたいと思っているのであれば、イベントナースの仕事はどうでしょうか。 基本的に一日で完了するアルバイトなのですが、タイミングさえ合えばダブルワークとして取り入れることもできるでしょう。

どのような仕事かというと、イベントで事故や病気が発生してしまった際に備えて待機する仕事です。 担当するイベントはアルバイトによって違い、多くの場合は人材紹介会社で募集がかけられています。

仕事の中には求人がかけられたから実際に働く日まであまり時間がないものもあるため、今週末暇になってしまったという場合にもすぐに仕事が見つかるかもしれません。

また、関東地方ではテレビ関係のイベントに関する業務もあります。 こちらもイベントが近づいてから求人情報が出ることもあるため、大型連休の前などは求人が出やすいです。

イベントナースとして働きたいと思っているのであれば、複数の人材紹介会社に登録しておいた方が良いでしょう。 登録する人材紹介会社によって紹介される仕事内容は違うため、たくさんの業者に登録しておいた方が自分の希望に沿った仕事が見つかりやすくなります。

また、人材紹介会社の中にはイベント系のお仕事に強いところもあるため、そういったサイトを探すと良いですね。 特に正社員よりもアルバイトの求人情報に強いサイトの方がイベントナースの求人が出やすいです。

大規模なライブ会場では体調を崩してしまうお客さんも増えるため、救護室が設置されています。 もちろん、救護室が設置されるかどうかというのはイベントによって違うので、すべてのイベントでイベントナースが求められているわけではありませんが気になる求人がないか探してみると良いですね。

注意しなければならないこととして、応急処置など早急な対処が求められる仕事でもあります。 そのため、ある程度看護師としての経験を積んだ方でなければ活躍できないでしょう。

イベントによっては細かい条件を定めているところもあるので、自分が条件に合っているか確認したうえで応募しなければなりません。

看護師のダブルワーク事情

看護師の資格を活かしてダブルワークをしたいと考えている方は、いくつか知っておきたいことがあります。 まず、看護師の資格は国家資格であるということもあり需要が高く、生涯資格とも言われているため、一生現役で働くことも難しくありません。

若くてそれほど経験がない方も体力に期待され様々な職場が採用をしていますし、経験のある方は役職などの募集情報もあります。 医療現場は看護師不足に悩んでいるところが多いため、看護師の求人情報は簡単に見つかるのが現状です。

そのような求人情報を出しているところの中にはダブルワークとして働きやすい職場もあります。 看護師以外の職業でダブルワークをしている方の多くは本業の収入に不満があり、副業という形で収入アップを目指しているようです。

ですが、実際にダブルワークをしている看護師の中には収入アップが一番の目的ではなく、様々な職場を体験したいという理由からダブルワークを選択している方もいます。

また、看護師という職業は短時間でも高収入が得られることもあり、様々なバイトを組み合わせて生計を立てている方もいるようです。

ダブルワーク先の選択の仕方は人によって違いますが、知識や技術を鈍らせないために職場探しをするのも良いでしょう。 例えば、看護の仕事をしている方の場合、注射などの業務がない職場もあります。

そのような職場で長く働いていると仮に注射業務のある職場に転職することになった際に苦戦してしまうことがありますよね。

ですが、ダブルワークとしてクリニックなどを選択しておけば注射の業務も担当することになるため、技術を維持しながら働き続けることができます。

人によっては働ける日がバラバラであるということもあるかもしれませんが、先にご紹介したように看護師は様々な医療機関で不足しているため、看護師側の希望に合わせてくれる職場も見つかりやすいです。

まずはたくさんの求人情報サイトや転職支援サイトに登録し、自分の希望に合った職場を探してみましょう。

このページの先頭へ